みる貝(白みる貝)・ヤリイカ


土曜日恒例 三河の出張魚屋さんの若おばちゃんです。
ヤリイカとみる貝がありました。
どちらも料理したことがなかったので調理法を教えてもらって買いました。


白みる貝

みる貝は水の中でのびきっていたのですが、
つかむと後ろから水を吹き出して(おしっこするよと若おばちゃんは言います)
小さくなりました。

貝殻と身の間に細い包丁を入れて切り離します。
ますますおしっこをして小さくなります。

殻を取ったら、熱湯に入れてさっと茹でます。
すると皮がすっとむけます。

皮をむいたら、筋肉質の所(管と紐)を斜めに切ります。
(それを忘れて、小口切りにしてしまいました)
茹でたのに切るときゅっと縮みます。
殻と内臓は庭のえさにしましょう。

みる貝のお刺身のできあがり。
こりこりしておいしかったです。
ちょっと真珠貝の貝柱のような感じかな。
ほんのり潮の香りがします。



さて、次は小さなヤリイカです。

とても新鮮です。
切れ目を入れると皮がさっとむけます。
開くと、おや、エビと小魚がいますね。
こんなところが胃袋なのかしら。
まだ食べたばっかりなのかな?全然とけてない。
エビと小魚は、軟骨のお皿に載っている感じでした。
(下が取り出したその軟骨。槍みたいです)

さて、一部は縦方向に細切りにしてイカそうめん。
一部は輪切りにして別の料理用にさっと湯通し。

ワタがほとんど無くて、しぼりだそうとする間にすみで真っ黒。
イカそうめんの一部をほんの少しのワタと墨と塩にまぶして瓶詰めに。
塩辛になるだろうか・・・無理かも

塩辛? イカのおろし和え

さっと湯通ししたイカは、
さっと茹でたミツバ、両面をあぶったお揚げさんを
大根おろしに味付けもずくを混ぜた物であえました。



うまこのお勝手へ

inserted by FC2 system