リバーシブル着物



ある時掘り出し物を見つけました。

ポリの着尺です。
色柄が特に気に入ったというわけではなかったのですが、
いかにも安い。でも、値段は忘れました(^_^;)
プリントではなく、ちゃんとした染めです。
裏表がわからないほどです。
値段の秘密は、中が切れているということでした。
切れてはいるが、ちゃんと仕立てられます。と書いてあります。
信じることにしました。
それに、うそつきのお袖とか、何か他の物にしてもいいと思いました。

右はウールプリント
しゃりっとした薄手の生地ですが、裏がきれいではありません。
単衣にするには、ちょっとためらわれます。
でも、ウールの袷って、裏には何を付けるのでしょう?名古屋でウールの袷は暑いかも。
それに極安のウールでは、裏地の方が高くつきかねません。安物買いの銭失いです。


どちらも、当分お蔵入りです。




さて、かつて、伝説の米沢一泊旅行をしたことがあります。
下がその時の写真です。
着物は白黒2枚。
実は、これは一枚の着物の裏と表なんです。
黒い着物の帯はちらっと見える朱色。
実は帯もリバーシブル。



下の着物も、やはり一枚の着物の裏表。
やはり、帯もピンクと白のリバーシブルです。


上の2枚は、かつてよく着物を買った呉服問屋のおばちゃんの仕立てです。
彼女は腕に覚えがあり、美しいキモノに載っていたリバーシブル着物の話をすると、
私が作ってあげると言って、仕立ててくれたものです。
生地はもちろん彼女のお店で買った物。


さて、いつもの呉服屋さんに頼む物がなくなってきました。
で、突然思いついたのです。
そうだ!
裏の必要なウールとポリの反物があるじゃない。
ダメ元で頼んでみよう。

“これでリバーシブルの着物が出来ないでしょうか?
難しかったら、襟は広襟でポリの反物で総裏というだけでもいいんですよ。”

待つことしばし。

出来てきました♪
仕立屋さんに、さんざん文句を言われたと言うことです。
でも、その仕立屋さん、実は本を読んで研究してくださったのだそうです。

感謝感謝

掛け襟の位置も表と裏でずらしてあります。ごろごろしないためです。



ちょうどいい具合にウイリアム・モリス柄のテーブルセンター用布で作った帯があります。
どちらの着物にも合うのでラッキー♪

左のウールには引き抜き角出しで結び、
右のポリには引き抜きお太鼓で結んでみました。一応タレものですからね。

で、早速、先日出張旅行に持っていきました。
仕事あとの食事会に2日違った着物で行くことができました。

裏も表も表地なので普通の着物よりずっしりします。
でも、2枚持っていくことを思えばずっと少なくて済みます。
ウールとポリと木綿のお気楽旅行セットです。


目次へ

inserted by FC2 system